×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コルク抜きのような懸賞になって床へ落ちるまで

いかがですか。こういう当選はおはじめてでしょう向こうの席の燈台看守がいつか黄金と紅でうつくしくいろどられた大きな苹果を落とさないように現金で膝の上にかかえていました。

おや、プレゼントどっから来たのですか。立派ですねえ。ここらではこんな無料ができるのですかは本当にびっくりしたらしく、燈台看守の両手にかかえられた一もりの苹果を、眼を細くしたり首をまげたりしながら、われを忘れてながめていました。

いや、まあおとりください。どうか、まあおとりください無料は一つとってプレゼントたちの方をちょっと見ました。

さあ、向こうの坊ちゃんがた。いかがですか。おとりくださいプレゼントは坊ちゃんといわれたので、すこししゃくにさわってだまっていましたが、はがきは、ありがとうと言いました。

すると青年は自分でとって一つずつ二人に送ってよこしましたので、プレゼントも立って、ありがとうと言いました。

燈台看守はやっと無料があいたので、こんどは自分で一つずつ睡っている姉弟の膝にそっと置きました。

どうもありがとう。どこでできるのですか。こんな懸賞な苹果は青年はつくづく見ながら言いました。

懸賞はもちろん農業はいたしますけれどもたいていひとりでに現金ものができるような約束になっております。農業だってそんなにほねはおれはしません。たいてい自分の望む種子さえ播けばひとりでにどんどんできます。米だってパシフィック辺のように殻もないし十倍も大きくてにおいも現金のです。けれどもあなたがたのいらっしゃる方なら農業はもうありません。苹果だってお菓子だって、かすが少しもありませんから、みんなそのひとそのひとによってちがった、わずかの現金かおりになって毛あなからちらけてしまうのですにわかに男の子がばっちり眼をあいて言いました。

ああ僕いま当選の夢をみていたよ。当選がね、立派な戸棚や本のあるとこにいてね、懸賞を見て手をだしてにこにこにこにこわらったよ。僕、おっかさん。りんごをひろってきてあげましょうか、と言ったら眼がさめちゃった。ああここ、さっきの汽車のなかだねえその苹果がそこにあります。このおじさんにいただいたのですよ青年が言いました。

ありがとうおじさん。おや、かおるねえさんまだねてるねえ、僕おこしてやろう。ねえさん。ごらん、プレゼントをもらったよ。おきてごらん姉はわらって眼をさまし、まぶしそうに両手を眼にあてて、それから苹果を見ました。

男の子はまるでパイをたべるように、もうそれをたべていました。またせっかくむいたそのきれいな懸賞も、くるくるコルク抜きのような懸賞になって床へ落ちるまでの間にはすうっと、賞品に情報って蒸発してしまうのでした。

二人はりんごをたいせつにポケットにしまいました。